リハビリ型デイサービスの特徴

リハビリ型デイサービスの特徴

リハビリ型デイサービスとは

当施設が提供するリハビリ型デイサービスとは、1日3時間の個別機能訓練に特化したデイサービスです(入浴・食事はありません)。セラピストがマンツーマンで、ご利用者様お一人おひとりにマシンに頼らない訓練を行って、「歩きたい!」「外出したい!」といった思いをお手伝いさせて頂きます。
ご利用者様の「やりたい!」が「できる!」になるように、生活すべての活動がリハビリであるという考えのもと、歩行、入浴、排せつ、立ち座りなど、在宅での生活に必要な1つ1つの動作を評価・分析します。その上で体操、ストレッチ、個別機能訓練などを通じて、日常生活動作の改善に必要な筋力、バランス、柔軟性、円滑な手足の動きなどの改善をはかります。訓練後にはウォーターベッドやエアマッサージ器などを使ったリラクゼーションの時間を設けており、次の日に疲労を残さないようにします。

リハビリ型デイサービスの特徴

リハビリ型デイサービスでは、十分なリハビリが受けられないまま病院を退院したが、もっとリハビリをして元気になりたい方や、足腰が弱ってきたとお感じの方などに、個別のプログラムを作成してお一人おひとりに最適なリハビリを提供します。1日3時間、専門スタッフによる病院レベルの本格的なリハビリを受けることができ、安全かつ無理のない状態で日常生活動作や運動機能の回復・改善をはかって頂けます。

リハビリ型デイサービスの対象者

当施設は要支援1~2、または要介護1~5の介護認定を受けている方であればどなたでもご利用頂けます。お住まいの地区の地域包括センターまたは居宅介護支援センターのケアマネージャー様にお問い合わせください。

※見学・体験利用は随時受け付けております(体験利用は喫茶代108円のみ頂戴します)

光台リハビリデイサービスだからできること

「病院レベルの本格的なリハビリ」がマンツーマンで受けられる!

他の施設では集団での体操や脳トレなどのリハビリが中心となりますが、当施設ではセラピストがマンツーマンで病院レベルの本格的なリハビリを提供します。ご利用者様の能力や疾患などに応じて、オーダーメイドのプログラムを組み立てて、「歩きたい!」「外出したい!」といった思いをお手伝いします。

ドクター監修のもと「安心なリハビリ」を提供します!

当施設は「かわたペインクリニック」と提携しており、ドクター監修のもと安心なリハビリを提供しています。「医師がいない施設でリハビリを受けるのは不安」という方でも、安心してリハビリを受けて頂くことができます。

柔道整復師が「マシンを使わないリハビリ」を実施します!

マシンを使った画一的なリハビリの場合、ご利用者様お一人おひとりに合ったきめ細やかなリハビリが受けられないことがあります。しかし、当施設では国家資格である「柔道整復師」のライセンスを持つセラピストが、お一人おひとりの疾患などに応じてきめ細やかにリハビリを実施します。体の仕組みに精通したセラピストが、筋肉の緊張や痛みなどをコントロールしつつ、全身の状態を整えて、最終的に「歩ける」「外出できる」という状態を目指します。

柔道整復師だけでなく「みなしPT」も在籍しています!

当施設には柔道整復師だけでなく、PT(理学療法士)やOT(作業療法士)とずっとリハビリを行ってきた「みなしPT」も在籍しています。その豊富な経験を活かして病院レベルの本格的なリハビリを提供します。このように、柔道整復師やみなしPTがリハビリを行っているデイサービスはほとんどありません。

併設の接骨院で長時間のリラクゼーションが受けられる!

当施設は接骨院(光台接骨院)を併設しておりますので、長時間のリラクゼーションやマッサージをご希望の方にはそちらをご紹介することができます。デイサービスと接骨院のスタッフが情報交換をして、最適なサービスを提供させて頂きます。

デイサービスとデイケアの違い

デイケアではドクターの管理下のもとリハビリが行われます

デイケアではドクターの管理下のもと、PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)といったライセンスを持ったスタッフがリハビリを行います。あくまでドクターの管理下のもとリハビリが行われるため、あまり積極的にセラピストが関与できず、「マンツーマンのリハビリ」などご利用者様に寄り添ったリハビリのための時間が取れないのが現状です。

デイサービスではセラピストの特徴を活かしたリハビリが行われます

デイサービスは医学的管理下から離れており、施設内にはドクターがいません。PT、OT、柔道整復師、あん摩マッサージ師、看護師のうちいずれかのライセンスを持ったスタッフがいればリハビリを行うことができます。デイケアと違い、ドクターの管理・監修がないため、各セラピストの特徴を活かしたきめ細やかなリハビリを行うことが可能です。

「デイサービスはどこも同じ」とお考えではありませんか?

デイサービスでは、PT、OT、柔道整復師、あん摩マッサージ師、看護師のいずれかのライセンスを持ったスタッフがいればリハビリを行うことができるため、施設によっては看護師だけを置いて、体の仕組みに精通していない「運動のプロ」がいない状態で画一的なリハビリを提供しているところもあります。

しかし、当施設には複数名の柔道整復師やみなしPTが在籍していて、マシンに頼らない手技療法中心のリハビリをマンツーマンで提供しています。このように、柔道整復師やみなしPTがリハビリを行っているデイサービスはほとんどありません。また、「かわたペインクリニック」と連携していますので、ドクターの監修のもと安心なリハビリを提供することができます。このように、デイケアの特徴である「ドクターの監修」と、デイサービスの特徴である「きめ細やかなリハビリ」の両方を兼ね備えている点が、当施設の大きな特徴であると言えます。

リハビリ型デイサービスの重要性

リハビリ型デイサービスが注目されています

2016年4月の診療報酬の改定により、事実上、患者様は病院で維持期のリハビリが受けられなくなってしまいました。これにより、病院はこれまで受け入れていた維持期リハビリの患者様を、デイケアなどに紹介・移行する動きを強めています。しかし、デイケアでのリハビリには期間の制限(原則6ヶ月)があります。それを過ぎると利用できなくなるわけではありませんが、十分なリハビリが受けられなくなる恐れがあります。そうした「リハビリ難民」の受け皿として、リハビリ型デイサービスが注目されています。

高いレベルでのリハビリを提供しています

リハビリ型デイサービスへの関心の高まりとともに、リハビリ型デイサービスを提供する施設が増えています。ですが、当施設のように柔道整復師やみなしPTがリハビリを行っていたり、マシンに頼らない手技療法中心のリハビリをマンツーマンで提供していたり、医療機関と提携してドクター監修のもとリハビリを提供していたりする施設は少ないと言えます。当施設には「デイケアとデイサービスの両方のメリットを兼ね備えている」という特徴があり、これを活かして高いレベルのリハビリを提供しています。昨今、増加傾向にあるリハビリ型デイサービスではありますが、当施設のようなレベルに達成しているところはほとんどないと自負しています。